ファミラボ大学生

大学生コーチの就活支援のページです

第1回 ふつうの就活の流れ

ふつうの就活の流れは3ステップです。
1 自己分析
2 インターンシップ
3 企業探索、本選考

 

3ステップを解説します。

1 自己分析

自己分析ですることは、
自分の価値観、特徴を発見し、自分の行動の軸を整えること
就活の三種の神器を作ること
です。

就活の三種の神器とは、
自己PR、志望動機、学生時代に力を入れたこと
を文章で表現したものです。
この三種の神器はエントリーシート(ES)の項目に一致します。

 

2 インターンシップ

インターンシップは本来は就業体験ですので、仕事が自分に合っているかを見極める場ですが、就活生のためにこんなつもりで実施している企業はお人好しです。0次選考だと思って参加してください。
但し、インターンシップで声がかからなくても、内定にこぎ着けることができる人はいます。
インターンシップは大学3年の夏と冬にありますが、業界を知り、その企業を知るためには大事な機会ですので、積極的に応募しましょう。
インターンシップへの登録は6月から順次開始されます。6月になると、リクナビやマイナビがオープンされ、インターンシップ申し込みが開始されます。

 

3 企業探索、本選考

合同企業説明会、個別説明会、OB訪問、企業訪問などをおこない、本選考に進みます。

学部生のスケジュールは、
 大学3年生の3月に説明会解禁
 大学4年生の6月に採用面接など選考解禁
大学院で修士課程で修了する学生の場合は
 大学院1年の3月に説明会解禁
 大学院2年の6月に採用面接など選考解禁
です。

但し、このスケジュールには強制力がありません。
一部の企業はこのスケジュールを無視しています。
夏のインターン終了後の秋から冬に内々定を出したり、外資系企業は大学3年の10月には本選考を開始したりしています。

 

次回は正しい自己分析についてお話します。